マツエク クレンジング

マツエクをしている時の正しいクレンジング方法 とは?




まつ毛エクステをしている時の正しいクレンジング方法が分からず、
悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まつ毛エクステは、自分のまつ毛に特殊な接着剤でエクステをつけるため、
強く擦って刺激を与えてしまうと抜け落ちてしまったり、
だからと言ってマツエクの事ばかり気にしてメイクがキレイに落とせなかったりと、
クレンジングの際に注意が必要です。

まず一番大切なのは、マツエクをつけている時のクレンジングでは、
ノンオイルのクレンジング剤を使用しなければならないという点です。

マツエクをつけている間にオイルクレンジングを使用して、
通常より早い時期からマツエクがとれてしまったという事例も数多くあります。
何故そのようなことになるかというと、洗浄力の強いオイルクレンジングでは、
マツエクで使用している接着剤も汚れと一緒に落としてしまうからです。

また、マツエクをつけているときは、力を入れてゴシゴシ洗わず、
軽くなでるだけでマスカラを落とせるクレンジング剤を使って、
まつ毛にそって優しくマスカラを落としましょう。

例えばオルビスのクレンジングリキッドが有名で、
このクレンジングリキッドは、軽くなでるだけでも十分な洗浄力があり、
ヒアルロン酸が配合されているので保湿にも優れています。

それ以外のノンオイルクレンジング剤でも、マツエクにはダメージがほとんどないので、
自分にあったものを探してみてください。

ついでに乾燥肌対策でいい方法はないの?

よくあるお肌のトラブルとして、
一年中または季節の変わり目に、お肌がカサカサになって乾燥してしまう」ということがあります。

そして乾燥が原因により、お肌のくすみ、シミ、ニキビへ悪化することも多いです。

そんな乾燥肌を解消する一番の近道は、毎日のスキンケアを丁寧にすることです。

では、どのような方法が効果的なのでしょうか?

1つ目は油分の摂取です。

「化粧水を何度も重ねづけしたのに、昼過ぎや夕方にはカサカサになって乾燥してしまう」
ということがあるかと思います。

乾燥した肌にはたっぷりの水分が必要ですが、油分も必要なのです。

水分の蒸発を抑える油分が足りていれば乾燥しませんし、
カバーする力があるので、みずみずしい肌が保たれることになります。

2つ目にクレンジング剤はオイルクレンジングはなく、
ミルククレンジングを使うとよいでしょう。

ミルククレンジングは肌に優しく潤いを奪わないので効果的です。

最後にバランスのよい食事をし、
血行をよくするために軽い運動をし、睡眠を十分とることも大切です。

毎日のスキンケアだけでなく、
食事・運動・睡眠の基本的な生活スタイルを保つこと、ぜひ心がけたいですね。
 

混合肌の場合はどんな洗顔をしたらいいの?

混合肌を改善するための洗顔方法はどのような方法でしょうか?

 

混合肌の場合、乾燥対策をした方が良いのか?
脂性肌のための対策を行ったらよいのかを迷うことがありますが、
基本的には乾燥肌対策の洗顔が良いようですよ。

 

脂性の部分に関しても、実はインナードライと言って、

 

皮膚内部は乾燥してしまっているために!

 

皮脂が過剰に分泌されてしまい混合肌になっていることが多いためです。

 

そのため、オイルクレンジングではなく、
ミルクやクリーム系の優しいクレンジングで油分を落とし、
しっかりと泡立てた洗顔料で優しく泡洗顔を行うことが、
基本的な洗顔方法になります。

 

特に気を付けたいのは、
クレンジングのすすぎや洗顔料のすすぎなどに使用する水の温度です。
水の温度
お風呂の適温である38度〜40度といった温度では、
皮脂を落とし過ぎてしまいます。

 

基本は30度〜32度程度のぬるま湯を使用します。

 

Tゾーンのベタツキが気になるケースでも、
このぬるま湯で十分に過剰な皮脂を流すことができるそうです。

 

皮膚に直接指の腹や手の平が当たらないように優しく洗うことが必要なんですよ。

 

このページの先頭へ戻る